ホットフラッシュの主な原因

年齢を重ねていくと突然カラダが熱くなるホットフラッシュの症状に悩まされます。

 

このホットフラッシュの主な原因は

 

・更年期障害
・自律神経の乱れ
・血行不良

 

などが考えることができます。

 

ホットフラッシュの症状で悩まされている人の多くは40〜50代の女性が大半をしめ、ほとんどが更年期障害を患っています。

 

女性は更年期に近づくと女性ホルモンが減少するため、更年期障害特有のホットフラッシュなどがカラダにあらわれます。

 

また、自律神経が乱れた時などもホットフラッシュの症状は起こります。

 

自律神経が乱れるのはストレスや睡眠不足によるものが起因しているので、生活習慣の改善をすればこの症状は抑えられます。

 

ちなみに血行不良もホットフラッシュの原因だと考えられています。

 

更年期障害や自律神経の乱れなど、ホットフラッシュにかかりやすいのは男性よりも圧倒的に女性の方が多い傾向です。

 

また更年期障害や自律神経の乱れ、血行不良以外にも冷えや便秘などが原因でホットフラッシュにかかる可能性もあるので特に年配の女性は注意しなければいけません。