知っておきたい肝機能障害の基礎知識

肝機能障害とは肝臓が何らかの原因で異常な自体を受けることで正常な機能が働かなくなることを言います。

 

肝臓の主な働きは代謝機能、解毒作用、消化にあたり、再生能力・代償能力に優れていてダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持することができます。

 

一見無敵のような臓器ですが肝臓は沈黙の臓器といわれており、肝臓に異常があっても気付かず、異常に気付いたときには病気がかなり進んでいる場合が多々あります。

 

肝機能障害の症状

 

肝臓は沈黙の臓器と言われるほど症状がはっきりわかりにくく、自覚症状も少ないのですが肝臓が悪くなると体に異常をきたします。

 

まず、カラダにあらわれるのは体がだるく感じたり、疲れがとれにくい、吐き気や嘔吐があることから黄疸、吐血、せきが止まらない、手足のむくみがいつもより多い、

 

お酒に悪酔いするようになったなどと徐々に悪化していきます。

 

このような症状は肝臓が悪化しただけにでる症状とは限らないため、なかなか特定することは困難です。

 

肝機能障害

 

肝機能にトラブルが起こるのは生活習慣に問題があり、食べ過ぎや飲みすぎによって肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まったり、糖分や脂質を摂りすぎによって肝臓に負担をかけてしまうこうとが原因となります。

 

肝臓の病気としては、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓がんがあげられます。

 

これらの肝臓の病気は何かと併発的に起こることが多く、脂肪肝は糖尿病や肥満、アルコールの過剰摂取などが考えられます。

 

肝臓の病気予防法

 

肝臓は非常に丈夫な臓器ですが肝臓に異常があっても気付かず、異常に気付いたときには病気が進んでいることがあります。

 

なので日頃からバランスの良い食事や食べ過ぎ、飲み過ぎに気を付け適度な運動をすることを心掛けましょう。また、肝臓の機能を高めるためには脂肪肝にならないように気をつけましょう。脂肪肝にはラクトフェリンの入ったサプリがおすすめです。