痛風の診断方法

痛風は放っておくと命にかかわる可能性があるので少しでもカラダに異変があれば病院にいくことが重要です。

 

多くの場合、痛風は激しい痛みがあるものの短い間にしか痛みがないのではじめのうちに病院に行く人はほとんどいません。

 

そのため、病院にいくときは痛風以外に病気が併発した状態でいくため、治療に費用と時間がとてもかかってしまいます。

 

痛風の検査は血液の中に尿酸がどれだけ入っているのかを調べるものです。

 

尿酸は体外に排出しきれなかった分が血液に溶け込み、それが一定期間溜まって結晶化したものを痛風として症状があらわれます。

 

なので血液の中の尿酸値をはかることで、今痛風にかかっているかどうかがわかる重要な診断です。

 

一般的に尿酸値の基準は男性で4〜7mg/dl、女性で3〜5mg/dlとされています。

 

男性の方が基準値が高いのは、体質的に男性は尿酸値が高い傾向になるため、男性の痛風が多いことがわかります。

 

また、痛風の検査を病院でやることに抵抗があったり、忙しくて時間のない人には自宅でできる血液検査キットを使うのがいいでしょう。

 

血液検査キットはインターネットなどでいくつか種類がありますが、痛風の検査をするなら尿酸の測定が可能なものを選ぶ必要があります。

 

検査キットは血液を採取してから検査機関に送ることで尿酸値の測定ができますので時間のない方にはおススメです。

 

ですが、カラダに少しでも異変があるならばなるべく早く検査を受けることが大切です。