腰痛を改善する筋トレ方法を公開

腰痛を解消したいと考えているのならば、筋トレをして腹筋と背筋に筋肉をつけるのがおススメです。

 

その理由はまず腰痛の原因が腰にかかる負担が腰の強度に耐えられないことです。そしてその腰の強度は運動不足や筋力の低下により弱っているので、この部分に筋肉をつけることで腰痛ののなりにくいカラダへと作りかえます。

 

まず、筋トレをする前に自分が今どれほど筋力があるかチェックします。筋力が少ない状態で筋トレをすればすじを痛めたり、つったりするので必ず筋肉量にあった筋トレをしましょう。

 

調べ方は、両手をあげた状態で仰向けに寝て腰を床につけておきます。そしてそのまま両膝を伸ばし床から足を30p浮かせ腰と肩は床にしっかりとくっつけます。

 

基準としては10秒以下なら筋力は少なめで20秒以下なら普通の筋力で、それ以上ならば筋力はかなりあります。そして腰痛を解消したいのであれば、まずはカラダを柔軟にしながらの筋トレになります。筋トレを行うにはある程度は筋肉をほぐしておかなければ事故につながるのでしっかりと取り組むことがポイントです。